めありのおひま箱

独身OLの日常を徒然なるままに。転職話、お料理、お出かけ日記、教育熱弁など書きます。

あおぞら老人会 ~庭にて~

めありです。

 

この前、定期検査のために病院に行きました。

いつもは20人以上待っていて待ち時間だけで1時間以上かかるのですが、その日は3人だけでした。土曜の午後にも関わらずです。

病院って「行かないでおーこお!」って思ってやめれるもんじゃなくないですか?

体調が悪くなったら行かなきゃいけませんし、私のように定期的に絶対来ないといけない人もいます。

もしかしたら、「土日は混んでいて危ないから平日に行こう」とみんなが意識してくれているのかもしれませんね。ただ、それにしても減りすぎです。

ご年配の方の中には「元気モリモリなわけじゃないけど、病院行くほどでもない」層が一定数いると思っていましたが、どうやらそれは本当のようです。

ご年配の方以外もたくさん来ていたというのに、いなくなった患者たちは不要不急だったのか・・・?

まあ、こっちとしてはすいててラッキーでした☆

 

じゃあ、むやみに病院に行けなくなったご年配の方々はどうしているのでしょう?

 

その答えの一端を見つけましたので紹介します。

 

 

私の家から車を止めている月極駐車場までの途中に何件か家があります。

そのうちの一軒のお庭で、おじいちゃんたち3人がやかんを囲んで団らんしているではありませんか。

七輪みたいなのでやかんを温めながら、その周りに椅子を並べて一服しているのです。

心なしか椅子の感覚も広めです。

 

なるほど、一応三密を意識してお茶を楽しんでいるわけだ。

不要不急の外出ではないしなあ。私有地の中だし。

家の中に籠りっきりだとストレスたまっちゃうよね。

 

まあ、「三密回避・不要不急の外出しない・地方に行かないさえ守ってりゃなにしてもいい」とも思いませんし、「一歩たりとも外へ出るな」とも思えません。さすがに緊急事態宣言が出された場所では話は別ですが。

正直、愛媛でどのような温度感でいたらいいのかなとは思います。

 

 

そんな私なので、この光景を見て最初に思ったことは

 

なるほどな!三密意識してんのね!微笑ましい。

 

でした。そのあとに思ったことが

 

いや、集まったらいかんでしょ!

 

でした。

 

順番逆ですね、ごめんなさい。

 

めあり