めありのおひま箱

独身OLの日常を徒然なるままに。転職話、お料理、お出かけ日記、教育熱弁など書きます。

寸志だけど、ボーナスもらえたんだ!

めありです。

 

私の働いている会社は、経営がかなり厳しいです。

そろそろ笑えないレベルになる雰囲気です。

 

だから正直、ボーナスなんてものはもらえないかなと思っていました。

契約社員から正社員になってまだ一年足らず。

しかもボーナスの評価をする対象期間の途中で正社員になっているので、正規の評価はできません。

 

成績的に私のところは顧客数の割には売り上げをかなり取りましたが、なんせ顧客数がね~(;^ω^)

なかなか1年弱で回復するようなもんじゃなかったですね~(^-^;

私に対する未来への期待値は高くても、まだそれに応えられているとは言えません。

 

だから、一応会社の基準にのっとって評価を出してくれますが、最悪ボーナス無しかな~って思っていました。

 

実際、「年間売り上げいくらいってなかったらボーナスはなし」ということになっていて、私はその売り上げに届いていないのは明らかでしたから。

 

しかし、ボーナスの評価期間の途中で、私が今の立場になったということもあり、かなり優遇してくれました。

 

私が年間売り上げの基準を超えていたらもらえた額の約半分をいただけることになりました。

 

寸志ちょいくらいの額です。

 

顧客数以外のいろいろな数字が、私が着任してから良い方向に向いているのは事実。

それに対してはまだ評価の域に達さないけれど、これからきっといい結果が出せる。

今までを評価してくれたのではなく、これからを評価してくれたんだと思いました。

 

社長とは社員になるずっと前からの付き合いですが、それを抜きにして大きな期待してくれていることをとても感じます。

 

確かに、会社の存続には私が今の立場でいかにやり遂げるかにかかっている部分もあるでしょう。

まあ、プレシャーに感じてもいけないので、自分の目の前の子どもたちのことだけ考えることにしていますが(^-^;

 

新卒で入った会社で入社4カ月で同じくらいの金額をもらいましたが、特に何の感情も湧きませんでした(5カ月でやめましたが)。

今日、もらえると知ったときは「お金がもらえて嬉しい」よりも「本当はボーナス無しでも文句言えないのに、絞り出してくれているんだな」と何とも言えない感情になりました。

嬉しいとは違う、身の引き締まる気持ちです。

 

人生の中で、ボーナスもらってがこんな気持ちになれる人はそんなにいないかなと思うので、とてもいい経験が出来ました。

 

来年ボーナスなんてものがもらえるのかは分かりませんが、次もらうときは「おい見ろ!こんだけ会社に貢献してやったぞ!」という気持ちでもらいたいです。

 

 

めあり