めありのおひま箱

独身OLの日常を徒然なるままに。転職話、お料理、お出かけ日記、教育熱弁など書きます。

モー娘。にはドラマがある!さゆみ編

めありです。

最近YouTubeでアイドルのオーディション映像やライブ映像を見るのにハマっています。特にモー娘。の映像には非常に感動しました。今日はにわかファンになりかけているめありが感じた、ハロプロの魅力を語りたいと思います。

 

ズバリいうとハロプロの魅力は

 

1人の女の子の選ばれるときから卒業までが物語になっていること

 

です。

 

 

 

ラブマシーンとかがヒットしたのち、

どうやらAKBとかが出てきたあたりからハロプロは下火になったらしいです。

確かに当時はテレビでしばらく見かけなくなりました。

 

停滞しているモー娘。がもう一度返り咲いたのは、道重さゆみがリーダーを率いた時代でした。

 

彼女はもう卒業してしまいましたが、よくテレビにも出ていましたね。

当時は「自分が一番かわいい」というぶりっ子キャラだけを見ていたので、正直嫌いでした。

今は後悔しています。

彼女は紛れもないトップアイドルです。

 

私が1番衝撃を受けたのは彼女のオーディション映像です。

 

 

 

道重さゆみモーニング娘。6期メンバーとなるオーディションに残りました。

彼女を含む計3人の少女が最終選考となる合宿に参加しました。

 

合宿中は場所を借りて寝泊りしながら、歌とダンスのレッスンを受けます。

 

当時13歳の彼女、顔はかわいいですが歌もダンスもイマイチで、あいさつも返事もロクにできませんでした。

 

彼女は特に歌において音程が取れませんでした。それはもう、よく最終選考まで残ったなというほどに。

 

最終オーディションの課題曲は

メロン記念日というハロプロのグループの

赤いフリージア

 

本当にびっくりするほどの音痴でしたが、歌の先生もプロなので的確なレッスンをしていくうちに、

音程全然取れない人から

頑張ったら音程取れる人になりました。

プロってすごい(o_o)

 

モーニング娘。になれるかどうかは、その合宿の映像を見たつんく♂が決めます。

 

素人の私から見たら何かに飛び抜けているわけではなく、プロは難しいんじゃない?という印象でした。

 

しかし、つんく♂は歌う映像を見た瞬間笑い出し

 

すごいなこの子は。・・・ん~なるほど。もうあれやな、アーティストやな。この子自体が作品やな。・・・すごいな。

 

と感嘆しだしました。

 

私は「えっ?そんなに?」って思いましたが、その齢13歳の少女がいずれモーニング娘。を背負って立つ姿が見えたのでしょう。

実際、モーニング娘。のリーダーにまでなってグループを引っ張り、25歳で卒業しました。

 

卒業公演の最後のソロ、彼女が選んだのは

 

赤いフリージア

 

12年間たくさんのものを積み上げてきた彼女の歌は、オーディションのときとは全く違うものでした。

 

あんなに頼りなかった少女が、すっかり素敵なレディに。

 

他のメンバーも知れば知るほど魅力的なのでしょう。

 

道重さゆみが卒業したのは今から5年も前の出来事です。

もっと早く知りたかった。

リアルタイムで応援したかったなぁ。

 

今も活動はしているみたいなので、陰ながら応援したいなと思います。

 

今回はハロプロ代表として道重さゆみについてでしたが、これからモーニング娘。やいろんなメンバーの軌跡が知りたいです。

 

この子すごいって子を見つけ次第またブログなら書きたいなと思います。

 

めあり