めありのおひま箱

独身OLの日常を徒然なるままに。転職話、お料理、お出かけ日記、教育熱弁など書きます。

東京出張③有名俳優と愛国心

めありです。

ただ今東京出張中。

 

初日の夜は友達と舞台を観てきました。

「一尺四方の聖域」

という吉田鋼太郎が座長をしている劇団AUNの舞台でした。

吉田鋼太郎の他に、溝端淳平大塚明夫も出てました!

座席が前から6列目でとても近かったです。

役者の顔が鮮明に見えて、プロの舞台をあんなに間近で見れて嬉しかったです!

 

吉田鋼太郎おっさんずラブのおっさんの人ですが、中々シリアスな役でした。時期的におっさんずラブしながら、この舞台の稽古や準備をしていたのでしょう。すごいです。

 

溝端淳平ジュノンボーイの人ですね。

最初役柄的に汚い身なりだったので、全然わかりませんでした。途中から身なりが綺麗になって、急にイケメンが出現してびっくり。身なりと演技力でイケメンって消せるんですね。いい男だった〜(*^^*)瞳がね、輝いていたんです!かと思えば、苦しみの中で泣き叫んだり!

私の目に、生で映した人間の中で1番イケメンでございました。いつか本命の松坂桃李くんを目に焼きつけたいものです(*´꒳`*)

 

大塚明夫ブラックジャックの声を当ててる声優さんです。渋くて渋くて素敵でした〜(*^^*)

医者の役だったんですが、これもブラックジャックを彷彿とさせました。声は地声でしたが、台詞は違っても「あんた」って呼ぶときとか、セリフの言い方がすごくアニメと重なってました(^^)なんか大塚さんが喋るとなんでもないセリフなのに存在感がすごいんですよ。オーラがすごい。。。空間を包むんです。

特に好きだったのは大塚明夫がお酒を勧めるシーンで

「飲みたい奴が飲めばいい!」

「おっ、あんたもいける口か」

って言っているの、渋さが極まっておりました。シリアスな長ゼリフも聞き惚れました。

 

テーマは戦争でかなり重かったですが、前後編合わせて3時間は全く長いと感じませんでした。結構時間軸がバラバラだったり、伏線があったりしたので、途中の休憩で友達と確認し合っていました(これしなかったら、話を理解できないままでした汗)。おかげで初見でもかなり楽しめました!

 

 

 

自分や家族や大事な人が、日本人として人間らしい生活ができるのは当たり前じゃないですね。

 

戦争は終わってからも続いていて、負けた国は敵国の思想を強要されたり、拷問されたり、愛国心どころか人としての尊厳を踏みにじられることになります。そこで死ぬこともあるし、死ぬより辛い辱めを受けることもあります。戦争は終わっているのに。

 

終戦後にそのような経験をして帰還した人たちの話でした。とても考えさせられる内容でした。

 

ここからは感想文です↓

 

 

やはり自分の国や大切な人は自分で守らんといかんです。その覚悟や意識を、我々は終戦後の日本教育の中で削がれてきました。

 

今、愛国心を剥き出しにする人はちょっとヤバい人扱いされます。日本という国が好きって声を大にして行ったらバッシングされます。

最近ではRADWIMPSHINOMARUという歌を出して「軍歌だ」と叩かれていましたね。聞いてみましたが、過激な要素は全く無かったです。

日本人として誇りに思うことは、恥ずかしいことになってしまうのです。

 

 

もう少し大きな話をすると、日本国憲法第9条に基づき、日本は他国から攻撃されてからじゃないとやり返せません。未然に防ぐための自衛は違憲です。

 

 

私は、「ミサイルを飛ばして日本を守るため」ではなく「ミサイルを飛ばさないようにして日本を守るため」に憲法改正に賛成です。

今の憲法では、ミサイルを日本が飛ばすときは、つまり日本がミサイルを飛ばされたときです。国民が犠牲になった後です。

自衛のために日本からミサイルを飛ばせるようにしたら、他国も日本に対して下手に動かなくなるので結果的に争わずに済みます。相手国も日本もミサイルを飛ばさなくて良くなるわけです。

自衛力はそういった抑止力となります。日本は自分で自分を守るためにできることを増やしておくべきだと思います。矛盾っぽいですが、それを行使しないために。

 

ここまで読んでどうでしたか?

ちょっとでも主張の強い人って思いませんでしたか?

 

今の日本はそういう国です。

 

自分の国のことを真剣に考えて、それを発言したら、思想が偏ったヤバい奴って思われます。

読んでくれたあなたは思わなかったとしても、別の人で思っている人が一定数います。

 

これってちょっと変じゃないですか?

 

私自身も含めて、私たちはもっと自分の国について興味を持つべきだと思いました。

自分の未来と大切な人の未来、そして日本人としての誇りを守るために。

 

 

 

有名俳優たちの素晴らしい作品に魅せられて、普段よりたくさん書いちゃいました☆

 

いつも読んでくださってありがとうございます。

東京出張は月曜で終わりですが思い出はいろいろあるのでもう少し続きますよ〜(^^)

 

めあり