めありのおひま箱

独身OLの日常を徒然なるままに。転職話、お料理、お出かけ日記、教育熱弁など書きます。

青春って恥ずかしい(>_<)

めありです。

 

最近、高校演劇に触れて心がJKに戻っております。

 

仕事から帰ってきて、寝る前に自分の当時の劇のDVDを観ました。

安いビデオカメラなので画質も荒いので、顔もはっきりとは見えません。

 

しかし!めありが!確実に若い!!

 

小さい時から私の顔は変わっていないことに定評があります。

そして私はまだ24歳。

ぶっちゃけ今制服着てもそこそこいけると思っていました。

 

しかし、画質悪くても溢れ出る若さ!JK感!

 

これは考えを改めなければなりません。今の私が制服着ちゃダメです。禁止です。

24歳は制服着ちゃダメ!!

 

そして、さらに驚愕なのは自分の演技ですよ。

私はこの7年間でいろんな素敵な舞台を見てきたので、多少の上手下手は分かります。

 

私の演技は、下手!!!

 

あの時の全力がこれ?え?こんなもん????

 

もう前回の記事のタイトルが「やっぱり演劇がしたい!」ですが、これはいけません。

 

marynoohimabako.hatenablog.com

 

こんな演技で人を動かせるわけないでしょ!

お金とれないよ!(とりませんが)

絶対また見るって思われないよ!

 

もう恥ずかしい(>_<)

 

読んでくださっている方を置いてけぼりにしていますが、

本当にアカンかったのです。。。

 

これは演劇部あるあるなんですけど、演劇部員は自分の学校の劇が一番面白いって思っているんです。

まあ、全国で優勝候補に挙がるレベルの学校に対しては漏れなくファンになって尊敬しまくっているんですが。

そこそこの学校相手だったら、自分たちの方が面白いと確信しているんです。

どの学校も自分が一番いいと思うものを作っているので、だいたいみんなそんなもんです(^-^;

 

今見たら、それも自己満足でした。

 

めあり、やっと目が覚めました。

 

あの頃は本気で演劇をしていた。

それでもういいです。

ヘタクソだけど、画面の向こうの私は楽しそうでした。

だからもういいです。

 

思い出はショーケースの中に飾って

ときどき眺めることにします。

そして、私は過去の私を教訓に

これからさらに謙虚でつつましやかに

生きていきます。

 

ここまで読んでくださった方々、見てもいない私の舞台の感想、ボヤキ、反省に付き合っていただきありがとうございましたm(__)m

 

めあり